座り方と骨盤のゆがみ

座り方と骨盤のゆがみ

間違った座り方は、骨盤をゆがめる大きな原因となります。

 

デスクワークなどの作業をされる方は長時間椅子に座っていることが多いですね。
その時に間違った座り方をしていると腰への負担が大きなものになります。

 

椅子に座る時には深く腰掛けましょう。
膝が腰よりも低い位置にくるようにしましょう。
これが正しい座り方です。

 

デスクワークをしている人たちを見ていると、椅子の前半分に座り、背もたれに体重を預けるような座り方でデスクワークをしている人が多いですね。
こんな座り方をしていると骨盤が倒れてしまい、ゆがみの元とになります。

 

ほんの短時間ならば問題ないのですが、デスクワークのように毎日、毎日数時間もこの姿勢で座っていると、身体の方が骨盤が後ろに倒れているこの姿勢が正しいのだと勘違いすることもあります。
しかし癖というものはなかなか直らないもので、座り方もそうですね。
少しずつ注意しながら修正していきましょう。

 

椅子だけではく床に座る場合も背筋をまっすぐ伸ばしましょう。
また、床に座る時は、横座りではなく、正座で座るのがよいでしょう。

 

よく知られていますが、数ある座り方の中でも、正座は腰に負担がかかりにくいと言われています。
身体にゆがみがあると、長時間の正座を体勢を取るのが困難な場合があります。
そのような時には、無理をせずに一日5分〜10分短時間の正座から始めましょう。

 

正座のポイントとしては、両足のかかとをつけて、そこにお尻を乗せるような感じをイメージしましょう。
しかし、無理して何十分も正座をしたからといって、即、骨盤のゆがみがに改善するわけではありません。
徐々に改善させる以外に道はありません。

 

PS
骨盤の歪み対策なら、芝崎義夫さんの
頑張らなくていい産後ダイエット」が参考になりますよ。

 

PS
何を試してもダイエットが続かない人に朗報。

超強力!脂肪分解ダイエット!


▲ページのトップへ戻る





トップページ 脂肪分解力ダイエット バストアップ 産後ダイエット 5キロ痩せる