出産と骨盤のゆがみ

骨盤ウォーカーベルト

男性に比べて、女性の人は骨盤のゆがみが大きくなりがちだ、という話をお聞きになったことがありませんか。

 

骨盤が開いてしまったり、左右の高さが違うといったトラブルも多いようです。
ゆがみが起こる大きな原因として、「出産」が挙げられます。
「出産」は女性しか経験することが出来ません。

 

骨盤が大きく開くのは、赤ちゃんをスムーズに出産するために避けられないことです。
出産が終われば、ある程度まで勝手に閉じますが、それ以上は自分でしっかりと閉じる必要があります。

 

出産が終わるまでに、妊婦さんは矯正ベルトなどを用意しておくとよろしいでしょう。

 

出産後の時間がたつにつれて元に戻りにくくなるそうです。
身体が勝手に元の形に戻るのは、産後から10日程の間ですが、この間に変な姿勢を取っていると骨盤の閉じ方にトラブルを生じます。
おかしな姿勢を取らないよう、産後は正しい姿勢をとるように心掛けましょう。

 

しかし、骨盤のゆがみを減らすために、産後すぐの急激な運動は避けましょう。
体力がある程度回復してから軽い体操を行えばよろしいでしょう。

 

骨盤のゆがみの修正は整体やカイロプラクティックでも行っていますから、自分では無理があると思われる方は利用しましょう。
骨盤のゆがみが原因で、出産後に尿漏れに悩まされる方もあります。
しょうがないと諦めて、放置せずに早めに改善するようにしましょう。

 

PS
骨盤の歪み対策なら、芝崎義夫さんの
頑張らなくていい産後ダイエット」が参考になりますよ。

 

PS
何を試してもダイエットが続かない人に朗報。

超強力!脂肪分解ダイエット!


▲ページのトップへ戻る





トップページ 脂肪分解力ダイエット バストアップ 産後ダイエット 5キロ痩せる