骨盤のゆがみ矯正をする時の注意

骨盤のゆがみ矯正をする時の注意

骨盤矯正をする上での注意点をチェックしましょう。

 

整体師などの専門の知識を行った人に矯正をお願いしたほうがいいのですが、自分でやる場合もあります。
その際には正しい知識をつけてから行いましょう。

 

矯正を間違った方法で行えば、状態をさらに悪化させてしまいます。
正しいやり方を理解していても、毎日行っていく中で惰性でやるようになり、適当に行う方もおられるようです。

 

また、妊娠中には骨盤矯正は厳禁です。
赤ちゃんを産むためには骨盤を開く必要があるのに、骨盤を閉じるための体操をやってしまうと、難産になったり、出産に支障をきたすことになります。
骨盤矯正は無事に出産が終わってから行うようにしましょう。

 

また、ゆがみの矯正は継続して行う必要があります。
一度改善しても、そのままだと再発してしまう可能性があるからです。

 

矯正体操でせっかく正しい形に戻せたのに、悪い姿勢や歩き方をしていると再びまたゆがんでしまい、一からのやり直しになることも多いですね。
繰り返さないためにも、ゆがみを矯正する時は、原因究明をしっかり行いましょう。

 

そして、その原因を取り除きながら矯正してゆくべきです。

 

骨盤のゆがみの改善によるダイエット効果を目指す人は、達成するにはそれなりの時間が必要になることを念頭に入れておきましょう。

 

骨盤矯正と並行して適度な運動や正しい食事制限を行えば、さらなる効果を上げることができるでしょう。

 

また、矯正体操をすれば何十キロもやせられる!と言うわけではありません。
そのあたり、過度な期待は禁物ですね。

 

PS
骨盤の歪み対策なら、芝崎義夫さんの
頑張らなくていい産後ダイエット」が参考になりますよ。

 

PS
何を試してもダイエットが続かない人に朗報。

超強力!脂肪分解ダイエット!


▲ページのトップへ戻る





トップページ 脂肪分解力ダイエット バストアップ 産後ダイエット 5キロ痩せる