O脚自己矯正の注意

O脚自己矯正の注意

自宅でO脚の自己矯正を行う場合、いくつかの注意点がありますのでチェックしておきましょう。
正しい方法を知らずに自己矯正を進めて逆に症状を悪化させるケースもありますから、注意して行いましょう。

 

まず、O脚の矯正には思っているよりも時間がかかるということを念頭に入れておきましょう。
かける時間も長時間やる必要はありません。

 

一日分10分程度の時間で矯正体操などを行うようにしましょう。
重要なのは毎日継続して行うことです。

 

毎日運動を継続させるには時間や、セット数が自分に合っていて、無理がないかよく考えておくのがポイントかもしれません。
痛いと感じるほど無理やり矯正をしても、無駄に力を入れても意味がありません。

 

ストレッチや体操・マッサージを行う際は、無駄な力を入れないように心掛けましょう。
一度にいろいろな方法を取り入れる人もいますが、これはあまりおすすめ出来ない方法です。
どれか一つに絞って、ストレッチや体操に取り組まれたほうが毎日続けていく上では効果的といえます。

 

例えば、雑誌AとサイトBで紹介されていた体操を同時にやるのではなく、どちらか一つに絞り込むといったことです。
それぞれのストレッチや体操によって、O脚を改善していく原理のポイントが異なる場合があるからです。
自分の症状にあったストレッチ、体操を取り入れるようにしましょう。

 

O脚にはいくつかの種類がありますから、始める前に一度整体などで自分がどのタイプに当てはまるかチェックしてもらうとよいでしょう。
気付いた時には既に歪んでいたなど、場合によっては、生まれつきの歪みだったということもあります。
この場合はO脚の自己矯正を行っても、効果をあげるのはなかなか難しいでしょう。

 

PS
7日でO脚を治す、O脚矯正プログラム「福辻式」は参考になります。

 

PS
何を試してもダイエットが続かない人に朗報。

超強力!脂肪分解ダイエット!


▲ページのトップへ戻る





トップページ 脂肪分解力ダイエット バストアップ 産後ダイエット 5キロ痩せる