成長に原因があるO脚

成長に原因があるO脚

さまざま考えられるO脚の原因なのですが、成長過程に問題がある場合もあります。

 

例えば、その原因が赤ちゃんの頃に遡ることもあります。
身体に問題がない赤ちゃんであれば、歩き方は自然と自分で覚えます。

 

しかし、他の赤ちゃんと比べて歩き始めるのが遅い子もいます。
焦ったお母さんが無理に歩かせる練習をさせる場合がありますが、この時期に行うことは、骨格の歪みを招くことになります。

 

赤ちゃんの関節や骨格というのは、とても柔軟性があるものですが、無理に歩かせようとすると、体の重みに耐えられない骨盤や膝に強い負担をかけることとなります。
本来はまだ身体を支える足ではありませんから、それがO脚という状態を招いてしまうのです。

 

無理な歩行練習が赤ちゃんの骨盤や膝に悪影響を及ぼすわけですが、ある程度成長してからも同じことが言えます。
過度なトレーニングなどはその代表例といってよいでしょう。

 

適度な運動は強い骨や筋肉を作るために必要ですし、どんどん行うべきですが、それが度を過ぎたトレーニングにならないように親が気を配るべきです。
赤ちゃんや子供たちは自分では判断できませんからね。

 

このよう原因でO脚になり、大人になってからも悩んでいる人は多くいるのですが、安心してください、矯正は大人になってからも可能です。
生まれつきでなくて症状が酷くなければ、数ヶ月程度の矯正で目立たなくなるケースもあります。

 

時間がかかる場合もあるでしょうが、じっくり腰を据えてO脚改善に取り組まれてはいかがでしょう。

 

PS
7日でO脚を治す、O脚矯正プログラム「福辻式」は参考になります。

 

PS
何を試してもダイエットが続かない人に朗報。

超強力!脂肪分解ダイエット!


▲ページのトップへ戻る





トップページ 脂肪分解力ダイエット バストアップ 産後ダイエット 5キロ痩せる