O脚の種類

O脚の種類

足がまっすぐの形じゃないから「O脚」と思っていませんか?
足がまっすぐではない状態にも、いくつかの種類があるので紹介させていただきます。

 

まず、名前の挙がった「O脚」についてお話しします。
文字通り、足がアルファベットの「o」のように見える状態です。

 

O脚の判断基準としては、まっすぐ立って太もも・膝・ふくらはぎ・内くるぶしの各部分を見てみます。
その時にどれか一つだけでもつかないようであれば、O脚と判断されます。

 

ただ単に膝が離れているというだけではないのです。
あなたも一度鏡の前に立ってチェックしてみましょう。

 

自分はO脚ではないと思っている方も、チェックしたら実は…、ということも多いのです。
日本人のうち9割がO脚だと言われています。

 

足がまっすぐでない状態に「x脚」があります。
形がちょうどアルファベットの「x」に似ているのでそう呼ばれます。

 

x脚は、O脚とは反対に膝はつけられるのですが、足をぴったりとつけられない状態になります。
xの文字の交差している部分が膝になるわけです。

 

元来、日本人には少ない形でしたが、近年は悩んでいる人が増加しているようです。

 

最後に「xO脚」を紹介しましょう。
「xO脚」の場合、骨盤の位置〜膝まではxなのですが、膝からかかとまでを見るとoになっています。

 

ちょうど先に紹介した「O脚」と「x脚」の特徴を併せ持った形になります。
この形も最近になって増えています。

 

このうちのどれが自分の状態とと当てはまるのか、チェックしてみると良いでしょう。
大きく開いていてみっともなければ対策を考えるけど、多少の開きぐらいは気にしない、と思われる人もおられるようですが、足が疲れやすくなるなどのデメリットがあります。

 

そのほかにも身体に支障をきたすことも多いので早めの矯正をお勧めします。

 

PS
7日でO脚を治す、O脚矯正プログラム「福辻式」は参考になります。

 

PS
何を試してもダイエットが続かない人に朗報。

超強力!脂肪分解ダイエット!


▲ページのトップへ戻る





トップページ 脂肪分解力ダイエット バストアップ 産後ダイエット 5キロ痩せる