細く見えるファッション

細く見えるファッション

服装選びに失敗したことにより、太く見えてしまっている人もいます。
では、細く見えるファッションとはどういったものなのでしょうか。

 

基本中の基本として、横幅が広いように錯覚してしまうファッションは避けましょう。
例えば、髪型も横に広がっていて、服装もダボダボしているものです。

 

太っていることを隠そうとして、ダボダボした大きめの服を選んでいる人が多いですよね。
ですが、服に余裕がある分、横に広く錯覚してしまいます。

 

横縞のボーダーだと、どうしても太っているように見られます。
ボーダー系を着ても細く見えるようにしたいのであれば、縦縞のものを着るのがおすすめです。
全体的に身体のラインに沿った服を着ると、細く見える場合が多いです。

 

ムチムチになってしまう場合は、引き締めるポイントを絞っていきましょう。
例えば、あまり肉がつかない肘や手首などは引き締め、その他の部分はゆったりした服などが挙げられます。

 

半そでを着る季節に、二の腕が気になるという人も多いでしょう。
その場合は、Tシャツのように袖が引き締まったものではなく、レースなどでひらひらしたものを選択するといいですね。

 

また、お尻が大きいのが気になるという場合は、長めの上着を着るようにするといいでしょう。
ぱっと全体を見た時に、どこかに引き締まったポイントがあると、そこに目を向けることが出来ます。

 

足が太い場合は、ウエストのラインを強調するなどして、メリハリをつけましょう。

 

PS
細く見えるには体の内側ケアから始めましょう。
高純度水溶性珪素濃縮液ハイパーumo」で健康的に美しくなりましょう。

 

 

 

PS
何を試してもダイエットが続かない人に朗報。

超強力!脂肪分解ダイエット!


▲ページのトップへ戻る





トップページ 脂肪分解力ダイエット バストアップ 産後ダイエット 5キロ痩せる