細く見える色

細く見える色

細く見える色があるのはご存知でしょうか。
横縞の服よりも縦縞の服のほうがいいというのは有名ですが、色についてはあまり知られていないかもしれません。

 

基本的に、明るい色よりも、暗い色のほうが引き締まって見える効果があります。
膨張色と収縮色としてしばしば表現されます。

 

太っているように見えてしまう膨張色は、暖色系です。
白やピンク、オレンジ、黄色、肌色系が膨張色となります。

 

逆に収縮色はというと、黒、紫、青系です。
ですが、明るい色は太って見えてしまうとしても、全体的に黒ばかり着るとダサくなってしまいますよね。

 

それを避けるために、いくつかのポイントで上手に寒色系を取り入れていきましょう。
例えば、白いワンピースなどを着るとしても、ウエストのラインに黒いベルトを取り入れるといった感じです。

 

全体的に白系を着てしまうとシルエットもぼやけてしまい、細く見えません。
出来るだけ細く見えるようにするためには、暖色と寒色のバランスを考えた服選びをするといいですね。

 

柄系を取り入れる場合も、あまり細かいものよりも、大きな柄にしたほうが引き締まり効果が期待出来ます。
肌が白い人は、黒系の色を取り入れる機会を増やしていくといいでしょう。

 

または、白系の服と肌の境界線に、黒いラインが入っているような服もおすすめです。
細く見える色を多めに使うとしても、地味になりすぎないようにおしゃれを楽しんでいきたいですね。

 

バッグや小物類で華やかにするという方法もあります。

 

PS
細く見えるには体の内側ケアから始めましょう。
高純度水溶性珪素濃縮液ハイパーumo」で健康的に美しくなりましょう。

 

PS
何を試してもダイエットが続かない人に朗報。

超強力!脂肪分解ダイエット!


▲ページのトップへ戻る





トップページ 脂肪分解力ダイエット バストアップ 産後ダイエット 5キロ痩せる