細く見える立ち方

細く見える立ち方

細く見える服装や色も大事ですが、立ち方についても考えてみましょう。
歩いている時は、身体のいろいろな部分が動いているため、それほど太っているのが気にならないかもしれません。
ですが、立ち止まっている時というのは、贅肉がついている場所が目立ちやすいですよね。

 

腹筋は、常に力を入れるように努力しましょう。
その際に、お腹全体を凹ますのではなく、下腹を凹ませるように意識すると、自然に平らなお腹を作ることが出来ます。

 

お腹を凹ませるのを癖にすると、意識しないでも腹筋が鍛えられ、ぺたんこお腹に繋がります。

 

それから、足を揃えて立つ場合、両足をぴったりとくっつけて立つようにしましょう。

 

肩幅に開いた方が立ちやすいですが、そうするとどうしても太く見えてしまいます。
両足を揃えて立つ必要がないのであれば、片足は身体の後ろに置いた方が細く見えるので、縦のラインに揃えるようにしましょう。

 

前に出した足で、後ろの足が隠れるイメージです。
これは、前から見た時だけでなく、後ろ姿でも同じことが言えます。

 

振りかえる時に細く見えるようにしたいのであれば、片足を前に出して、身体のラインを斜めにして振りかえるようにしましょう。
それから、背筋を伸ばして立つようにするのも、細く見せるコツです。

 

どのように立てば痩せて見えるのか、鏡の前でチェックしてみるといいでしょう。
身体の力が抜けていると背も低く見え、ぽっちゃりしてしまうので、ピンと身体を伸ばして立つ癖をつけるといいですね。

 

PS
細く見えるには体の内側ケアから始めましょう。
高純度水溶性珪素濃縮液ハイパーumo」で健康的に美しくなりましょう。

 

PS
何を試してもダイエットが続かない人に朗報。

超強力!脂肪分解ダイエット!


▲ページのトップへ戻る





トップページ 脂肪分解力ダイエット バストアップ 産後ダイエット 5キロ痩せる