リバウンド・生理への影響

リバウンド・生理への影響

ダイエットをしていくなかで、リバウンドや月経障害という問題がおこることがあります。

 

なぜ、こういった問題がおこってしまうのでしょうか?
食事摂取量を抑えるダイエットをしていると、体重や体脂肪の減少が滞る時期が訪れます。

 

これは、少ない摂取エネルギーに体が適応し、消費エネルギーを節約しようという体の適応現象です。
急激に体重や体脂肪を落とすとき、このような減少が特に起きやすくなります。

 

こういった「停滞期」は1カ月程度続くこともあります。
このとき、体重が思うように減らないことにいら立ち、ダイエットを中止してしまうことがあります。
これがリバウンドの主要な原因です。

 

「レプチン」という、脳の満腹中枢を刺激する物質があります。
正常な分泌がなされていると、ご飯を食べて、きちんと満足感を得ることができます。

 

このレプチンは、脂肪細胞へ吸収されることが分泌の条件です。
そのため、食事の量を抑えていると、分泌量が減少していきます。

 

レプチンの分泌量は、1か月ほどで再び正常な状態に戻るといわれています。
この、分泌量が減少している時期にダイエットを中止し、通常の食事に戻すことが、リバウンドの要因となります。

 

なぜなら、いくら食べても満足感が得られない体になってしまっているからです。
適切な量では満足できず、食べ過ぎてしまい、体重が急激に増加してしまうのです。

 

月経障害の主な要因としては「ストレス」があります。
過剰なストレスがホルモンバランスを崩し、月経周期の乱れを引き起こしてしまいます。

 

苛立ちや憂鬱な気分といった症状があり、これはとても辛いものです。

 

また、これがさらに蓄積すると、無月経状態に陥ってしまうこともあります。
この無月経状態を長期間放置すると、妊娠や体外受精ができなくなってしまいます。

 

また、更年期障害のような症状が引き起こされる危険もあります。
無月経状態から通常の月経周期に戻るためには、無月経状態の期間と同じだけかかるといわれています。

 

そのため、3カ月以上無月経状態が続くようならすぐに婦人科を受診するようにしましょう。

 

PS
体脂肪が付きすぎて普通のダイエットでは上手く落ちない。
エステに行く暇もお金もない、そんな頑固な体脂肪の持ち主の方へ
超強力!脂肪分解力ダイエット

 

PS
何を試してもダイエットが続かない人に朗報。

超強力!脂肪分解ダイエット!


▲ページのトップへ戻る





トップページ 脂肪分解力ダイエット バストアップ 産後ダイエット 5キロ痩せる