食事の種類で体重を落とす

食事の種類で体重を落とす

体重を減らすためには、カロリーに気を使うことが大切です。

 

コンビニで買う商品や、最近ではスーパーで買うお惣菜などにもカロリーが書いてあることがありますよね。

 

けれど、自分でつくる料理や外食の際にはカロリーがわからない!わざわざ食材1つ1つのカロリーから、その料理のカロリーを想定するなんて面倒!そう思いますよね。

 

毎回毎回カロリー計算をするのは大変なこと。
そうしなくてもいいように、あらかじめ低カロリーの食材を知っておくことが大切です。

 

お腹いっぱい食べたくて、でもカロリーが気になる…そんなときでもあらかじめ低カロリーの食材を知っていれば、健康的にお腹いっぱい食べることができ、カロリーオーバーになる心配もありません。

 

では、低カロリーな食材とは具体的にどんなものでしょう?
その代表として挙げられるのが「もやし」です。

 

一般的に、野菜は低カロリーで健康にも良いので、ダイエットでビタミン不足になりがちな際には、特に多く摂取した方が良いのですが、そのなかでももやしは一袋すべて食べたとしても40キロカロリー前後しかないという優れもの!しかも値段もとても安いのも嬉しいポイントですよね。

 

もやし一袋の一般的なサイズは250〜300g。
これをすべて食べればかなりお腹いっぱいになるでしょう。

 

ただ、もやしだけを生の状態で食べるのはさすがに辛いでしょうから、火を通して他の野菜と一緒に炒め物にする、スープにする、サラダにするなどバリエーションがあるといいかと思います。

 

キャベツなども低カロリーの食材ですから、一緒に火を通した炒め物にするなどもいいですね。

 

まずは低カロリーの野菜をたくさん食べて、ある程度お腹いっぱいにしてから、少しカロリーの高いものを食べるなど、欲求も満たしつつ、ダイエットもできる方法であれば、ストレスを感じることなく無理なくダイエットが続けられそうですよね。

 

PS
何を試してもダイエットが続かない人に朗報。

超強力!脂肪分解ダイエット!


▲ページのトップへ戻る





トップページ 脂肪分解力ダイエット バストアップ 産後ダイエット 5キロ痩せる