睡眠で体重を落とす

睡眠で体重を落とす

寝る子は育つと言われますが、寝ている間というのは体内の様々な機能が活発化します。

そのため、睡眠時間が少ないと眠っているときに活動する様々な機能が活発化しづらく、太りやすくなります。

 

ホルモンなどもそうですが、十分な睡眠時間を取ることが出来ないと、身体のバランスが崩れてしまい、痩せにくくなってしまうということを覚えておきましょう。

 

しかし、ただ眠ればいいのではなく、質の良い睡眠を取ることが大切です。

 

たとえ8時間しっかり眠れていても、そのほとんどがちゃんと休めていない質の悪い睡眠だった場合、結果的に5時間や4時間睡眠の人と変わらなくなってしまうということも考えられます。
まずは自分が何時間眠れているのかを確認しましょう。

 

睡眠時間の研究で、同じものを食べたとしても、睡眠時間が少ない人のほうが摂取したカロリーを上手に消費出来ないことが証明されています。
いろいろな説があるのですが、長く起きていることによりお腹が空き、カロリーの摂取量自体が増えてしまうことも原因にあるようなのです。

 

逆に、体重を落とすことを考えていなくても、睡眠が足りていないことで食欲がなくなるという場合もあります。
一瞬食欲がなくなるのであれば、ダイエットにとっては嬉しいと思いがちですが、その場合も体重が増えてしまうことが実験で確認されているのです。

 

体重を落とすために過度なダイエットを取り入れている人は、お腹が空いて眠れないということもあるかもしれませんが、そういったダイエットは効率が悪く、身体にも良くないと言うことが出来るでしょう。

 

せっかくカロリー制限をしても睡眠不足で太ってしまってはもったいないですよね。
きちんとした睡眠時間も確保するようにしましょう。

 

PS
何を試してもダイエットが続かない人に朗報。

超強力!脂肪分解ダイエット!


▲ページのトップへ戻る





トップページ 脂肪分解力ダイエット バストアップ 産後ダイエット 5キロ痩せる