こっそりダイエットのコツはコレ!

実践するとどんな効果があるの?

食後や朝食などに飲むコーヒーにはカフェインとクロロゲン酸という成分が含まれています。

 

カフェインにより褐色脂肪細胞の働きが活発となり白色脂肪細胞に蓄積された脂肪が消費されます。
これにより基礎代謝が上がり、いわゆるコーヒーダイエットという痩身効果が発揮されるのです。

 

また、クロロゲン酸は老化防止と血中遊離脂肪酸濃度を上げる働きをするそうです。
つまり血中遊離脂肪酸濃度が上がることにより体内に蓄積された脂肪が分解されエネルギーに変換されるというわけです。

 

コーヒーダイエットを実践するにはミルクや砂糖を入れないブラックで飲まなければなりません。
砂糖やミルクを加えてしまうとダイエット効果を持つカフェインとクロロゲン酸の働きが抑制されてしまいます。

 

また、1日に4,5杯を飲むというのがコーヒーダイエットにおける基本的な量となっています。
ですからそれ以上飲んでもダイエット効果そのものに大きな変化はないそうです。
ブラックコーヒーが苦手でカフェオレ等でなければ飲めない人がこのダイエットを実践するには酷かもしれません。

 

但し、毎日のように好んで飲んでいてもダイエット効果を期待しすぎるあまり適量を超えてしまうと胃に多大な負担が掛かってしまいます。
せっかく始めたコーヒーダイエットが継続出来ないといったような弊害が発生する事にもなるので1日の量をきちんと守って下さい。

 

あの有名モデルが某コレクション前に使っていた!?

 

PS
コーヒーダイエットより
超強力!脂肪分解力ダイエット!
高純度水溶性珪素濃縮液ハイパーumo。

 

 

 


トップページ 脂肪分解力ダイエット バストアップ 産後ダイエット 5キロ痩せる