間違った靴と骨盤のゆがみ

間違った靴と骨盤のゆがみ

骨盤のゆがみはその大きな影響は下半身に及んできます。

 

これとは反対に、下半身が原因になってゆがみを発生させてしまう場合も多く見られます。
その人の歩き方や座り方など下半身がゆがみの原因となっていますが、特に気を付けたいのが「靴選び」
でしょう。

 

自分の足のサイズに合った靴を選ぶポイントにされている人は多いかと思います。
しかし、自分の足のサイズは分かっていても、それ以外のポイントには注目されない人も多いですね。

 

また、足のサイズを知っているのはいいけれど、いつ計りましたか?
随分と前の事という人もおられるでしょう。
そのような方は、現在の自分の正しいサイズを測り直した方がいいですね。

 

いくつか正しい靴選びのポイントを挙げていきましょう。
靴を履いたときに足先に1cm程度の余裕があるものを選びましょう。
履いた時にきつい靴は避けましょう。
おかしな歩き方の原因になります。

 

靴によっては足先が小さくきつくなっているタイプもあります。
実際に履いてみて、指を軽く動かせますか?
自由に指が動かせる靴を選ぶようにしましょう。

 

高いヒールがある靴を履いている女性がいますが、その場合も要注意です。
ヒールが高いのでどうしても転ばないようにかばうあまり、足を曲げて歩いてしまいます。
足を曲げて歩くと、腰に負担を与えますし、骨盤のゆがみに繋がります。

 

骨盤のゆがみを改善させたいのであれば、ヒールの高い靴を履くのは短い時間に収めるようにすべきでしょう。

 

かかとのすり減った靴を履き続けるのも、身体のバランスを乱す原因となります。
身体のバランスを崩して骨盤のゆがみを起こさないためにも、定期的に新しい靴を購入しましょう。

 

PS
骨盤の歪み対策なら、芝崎義夫さんの
頑張らなくていい産後ダイエット」が参考になりますよ。

 


トップページ 脂肪分解力ダイエット バストアップ 産後ダイエット 5キロ痩せる