歩き方と骨盤のゆがみ

歩き方と骨盤のゆがみ

骨盤のゆがみが原因なのでしょうか、おかしな歩き方をされる方をたまたま見かけます。

 

骨盤は足の付け根にあたる部分なので、ここがゆがんでいたりすれば、足の出し方から変わってきます。
とはいっても、なかなか他人からは指摘しづらいですよね。

 

おかしな歩き方をしていないか、自分自身で一度チェックしてみるのはどうでしょう。
確認するには、大きな鏡やガラスがあるお店の横を歩いた時などに自分の歩く姿をチェックできます。

 

歩き方の確認ポイントとしては二つあります。
正面から見た時に身体が左右に揺れていませんか?

 

横から見た時に、腰を引いていたり突き出している歩き方になっていませんか?

 

歩いている時によく人とぶつかる人がいます。
その場合、自分でも気付かずに身体を左右に揺らしながら歩いているのかもしれません。
身体を左右に揺らしながら歩くという事は、つまり身体の軸がぶれているということです。

 

股関節を柔らかくするとか、骨盤のゆがみを矯正して、左右の揺れを改善していく必要があります。
腰を後ろに引いて猫背の姿勢で歩いている人も見かけますが、この場合、大腰筋と呼ばれる筋肉が衰えている可能性があります。
この大腰筋を鍛える方法としては、一本線の上を歩くトレーニングや、大股で早歩きをするのが効果的です。

 

歩く時は、背筋をピンと張るように意識しましょう。

 

腰回りの筋肉を鍛えて、骨盤のゆがみを改善したいものです。

 

また、力を抜いて歩く人がおられますが、このような歩き方も筋肉が衰えやすくなります。
骨盤のゆがみを引き起こさないためにも正しい歩き方を身につけたいものです。

 

PS
骨盤の歪み対策なら、芝崎義夫さんの
頑張らなくていい産後ダイエット」が参考になりますよ。

 


トップページ 脂肪分解力ダイエット バストアップ 産後ダイエット 5キロ痩せる