骨盤のゆがみとO脚

骨盤のゆがみとO脚

O脚に悩まされている女性が多いですね。

 

しかし、生まれつきのO脚の人はほとんどいないのです。

 

O脚とは、足の付け根とくるぶしはくっつくのに、間にある両足の膝がつけられない状態です。
多くの根本的な原因は膝ではなく足の付け根にあります。

 

人によっては、骨自体の湾曲によってO脚になっている場合もありますが、骨盤のゆがみが原因の方もかなりいます。
本来、足の骨は骨盤から少し内側に向かって伸びています。

 

しかし、骨盤のゆがみがある人は、まっすぐ下に向かって伸びています。
そうすれば、足と足の間に間隔が出来るので、両膝をつけけにくい状態になるわけです。

 

つまり、骨盤のゆがみを解消して正しい状態にしてあげれば、自然とO脚が治ってしまうということが多いということです。

 

日本人の8割以上はO脚だと言われています。
自分はO脚ではないと思っている人が多いと思いますが、そう言われると自信がなくなってきますね。

 

以下に示すポイントをチェックして、O脚かそうでないかを判断してみましょう。

 

まず、両足のかかとをくっつけてまっすぐに立ちましょう。
この時、つま先が外側に向かって大きく開いていませんか?
その場合はO脚の可能性大です。

 

膝だけでなく、太ももやくるぶしがくっつかない人もおられると思います。
その場合もO脚であると判断出来ますね。

 

骨盤矯正を行えば、まっすぐ伸びた足を手に入れることが出来るので、骨盤体操やストレッチなど、すぐに出来るものから始めましょう。

 

PS
骨盤の歪み対策なら、芝崎義夫さんの
頑張らなくていい産後ダイエット」が参考になりますよ。

 


トップページ 脂肪分解力ダイエット バストアップ 産後ダイエット 5キロ痩せる