授乳で産後ダイエット・メカニズムと効果

授乳で産後ダイエット・メカニズムと効果

産後ダイエットとして最も自然で有効な「母乳育児」ですが、そのメカニズムとメリットとはどのような点にあるのでしょうか?
女性の体は出産を終えると、妊娠前の状態に戻ろうとする機能が働きます。

 

その機能の一つとして、赤ちゃんに授乳をすることが挙げられます。
赤ちゃんに必要に栄養を与えるためには母乳が必要なのですが、授乳させることで、出産で広がった子宮を元に戻そうとする機能が働くのです。

 

また、母乳を与えることで、子宮が元に戻るスピードも速まるそうです。
授乳をする、ということは当然おっぱいを吸われるわけですが、この時にお母さんの体の中で「プロラクチン」というホルモンが働きます。

 

このホルモンは母乳生成にも大きく関わっているのですが、妊娠や出産に欠かせないホルモンでもあります。
また子宮収縮を進める働きもあります。

 

だから母乳育児を行えばプロラクチンの働きが良くなり、子宮が出産前の状態に早く戻るのに効果的ということになるのですね。
子宮が収縮すれば、ウエストをほっそりさせる働きも強まりますから、自然とダイエットとしての高い効果も得られるというわけです。

 

「母乳を赤ちゃんに与えると、体型の戻りが速い」と言われるのはこのようなメカニズムがあるからなのですね。
また、赤ちゃんに母乳をあげると一回当たり600kcal〜700kcalものカロリーを消費すると言われています。

 

エクササイズなどの運動でこれだけのカロリーを消費するにはかなりの運動量を要求されますし、人によっては継続するのが困難なこともあるでしょう。

 

いかに母乳育児が効率的なダイエット法であるのかよくわかりますね。
また、母乳には赤ちゃんの免疫力を強化して病気にかかりにくくする成分が含まれています。

 

母乳育児が推奨される理由の一つでしょう。

 

産後ダイエットを手軽に確実に行いたいと思う人には、母乳育児をお勧めします。
ママにも、赤ちゃんにもメリットの多い母乳育児ですが、母乳の出を良くする食生活を心がけましょう。

 

母乳が出やすいような生活を意識しながら、子育てと産後ダイエットを進めていきたいものですね。

 

頑張らなくていい産後ダイエットはこちら

 


トップページ 脂肪分解力ダイエット バストアップ 産後ダイエット 5キロ痩せる