細く見える角度

細く見える角度

身体のポイントによって、「この角度であれば細く見える」という角度が違います。
例えば顔ですが、首を後ろに引いてしまうと、二重あごになってしまう可能性があります。
特に顔のお肉が気になる人は、顎を引きすぎないように注意しましょう。

 

写真を撮る際など、顔を引きたい場合は、肩を後ろに引くイメージを作ると顔を小さく見せることが出来ます。
それから、腕も身体の横にぴったりつけてしまうのではなく、身体から離すようにします。
こうすることで、腕が太く見えるのを避けることが出来ます。
また、肩を下げるようにイメージすると、首のラインをすっきりさせることが出来ます。

 

女性の人は、胸を張るように胸を前に少し突き出すようにするといいですね。
足の太さが気になる場合は、片方の足だけを前に出して立つようにします。
前に出した足で後ろの足が隠れるようにすると、その分細く見せることが出来ます。
人によって贅肉の付き方というのは違うものです。

 

そのため、どの角度であれば細く見えるかというのも、人によって違ってきます。
まずは自分がよく着る服装で鏡の前に立ち、自分の姿をチェックしてみましょう。

 

細く見える角度が見つかれば、気になる異性と会う時に、出来るだけその角度を見せるようにしたりすればいいだけです。
一日中その角度のみで過ごすことが出来るわけではありませんが、プリクラを撮る時などに活用することが出来るのではないでしょうか。
近くで話をする時なども、その角度を意識してみるといいですね。

 

PS
細く見えるには体の内側ケアから始めましょう。
高純度水溶性珪素濃縮液ハイパーumo」で健康的に美しくなりましょう。

 


トップページ 脂肪分解力ダイエット バストアップ 産後ダイエット 5キロ痩せる