顔が細く見える方法

顔が細く見える方法

顔が大きく、太く見えてしまっている人は、髪型や服装を変えるだけで細く見えるようになるかもしれません。
髪型から先に紹介すると、ボブカットは小顔効果が大きいと言われています。

 

パーマでボリュームを出す場合は、横に広がるパーマではなく、縦に長くなるようにしましょう。
ただ、サイドはある程度ボリュームを出したほうがいいです。

 

髪を全て耳にかけて顔を見せる面積を広げてしまうと、どうしても顔が大きく見えてしまいます。
顔を細く小さく見せる簡単な方法としては、サイドの髪を顔の横に垂らしてしまう方法があります。

 

髪を耳にかけるにしても、少し残して耳より前に出しておきます。
メイクによっても、顔の大きさのイメージというのは変わってきます。

 

チークを厚塗りしたりしていると、顔がむくんで見える場合があるので注意しましょう。
顔にメリハリをつけるためにも、シャドウ系を勉強するといいですね。
服で顔や首を細く見せるためにはどうすればいいのでしょうか。
これは、首元のデザインが重要です。

 

丸首よりも、Vネックのほうが細く見える効果があります。
首がしっかり見える襟元にしたほうが、痩せている印象を与えることが出来るのでおすすめです。

 

また、視線を気になる場所からそらすのもいいですね。
顔はダイエットやマッサージをしても、一日や二日で小さくなるものではありません。

 

ダイエットの効果が出るまでは、首元にポイントを置いて、ネックレスをつけたりするのもいいですよ。
他にも、大きめの髪飾りをつけるなどして、視線が顔以外のところにいくよう工夫しましょう。

 

PS
細く見えるには体の内側ケアから始めましょう。
高純度水溶性珪素濃縮液ハイパーumo」で健康的に美しくなりましょう。

 


トップページ 脂肪分解力ダイエット バストアップ 産後ダイエット 5キロ痩せる