肩幅が細く見える服装

肩幅が細く見える服装

肩幅が広いと、どうしてもがっちりして見えてしまい、女性らしさがなくなってしまいます。
逆に、肩幅を細く見せることにより、全体的に痩せて見えることもありますよね。

 

骨格の問題だから仕方がないことだと思っている人もいるかもしれませんが、いくつかポイントがあります。
まず、隠れている部分と、肌が見えている部分のバランスについて考えてみましょう。

 

冬の時期は、首までしっかり隠れる服を着てしまいがちですが、そうなると肩幅が広く見えがちです。
厚着するにしても、肩から先の色が違うデザインの服や、上から上着を羽織るなどしましょう。
こうすることによって、肩のラインが広く見えるのを防ぐことが出来ます。

 

薄着が出来る季節になったら、鎖骨を出すようにした方が良いでしょう。
襟元が広く開いたデザインの服のほうが、上半身が細く見えるのでおすすめです。

 

Vラインの服も、同じく首元のラインが細く見えるので、取り入れてみてはどうでしょうか。
横に広いイメージよりも、縦に長いイメージを作ることが大切です。

 

ジャケットなどを着る場合も、前をしっかり閉めるのではなく、上のほうは開けるようにしておくといいでしょう。
それから、姿勢の問題で肩幅が広く見えてしまっている人もいます。

 

例えば、いつも腕に力が入っていなくて、両手が開いた状態になってしまっていると、身体が横に太く見えます。
出来るだけ細く見せるために、脇を締めるよう意識するだけでも見た目が変わってきます。

 

PS
細く見えるには体の内側ケアから始めましょう。
高純度水溶性珪素濃縮液ハイパーumo」で健康的に美しくなりましょう。

 


トップページ 脂肪分解力ダイエット バストアップ 産後ダイエット 5キロ痩せる