細く見える座り方

細く見える座り方

細く見える座り方というものもあります。
電車などで真正面に座っている人をチェックしてみると分かりやすいです。

 

ちょっとポーズを変えるだけで、同じような足の太さでも、細く見せることが出来るものなのです。
まず、どれくらい深く椅子に腰かけるかという点についてですが、なるべく浅く腰かけたほうがいいです。

 

深く腰掛けると、太ももが椅子に密着する面積が広くなってしまいますよね。
そうすることにより、足の贅肉が横に広がり、太く見えてしまいます。

 

ただ、長時間座る場合は、あまり浅く腰かけてしまうと腰を痛めることがあります。
短い時間だけであれば、浅く腰かけることにチャレンジしてみるといいですね。
膝と足首は出来るだけ揃えて座るのが基本です。
この時、横から見た膝の角度が90度になるように座ると綺麗です。

 

テレビでニュースを読んでいる女子アナの人を見て、足が細く見えると感じたことはないでしょうか。
よく、「女子アナ座り」と呼ばれる座りかたがあります。

 

これは、膝を揃えたうえで足首を左右どちらかに流す座り方です。
そして、右に流した場合は、右足を左足より少し前に出すようにします。

 

指先が10cmくらい前にあるイメージです。
慣れないうちは厳しいかもしれませんが、後ろに置いた足を前の足に重ねるという方法もあります。

 

前に置いた足で後ろの足を隠すことによって、細く見える効果が期待出来ます。
何も考えずに座ってしまうと、身体の力が抜けていてだらしなくなるので、綺麗に見える座り方について考えてみましょう。

 

PS
細く見えるには体の内側ケアから始めましょう。
高純度水溶性珪素濃縮液ハイパーumo」で健康的に美しくなりましょう。

 


トップページ 脂肪分解力ダイエット バストアップ 産後ダイエット 5キロ痩せる