豆乳クッキーは1日の摂取量を守ろう

豆乳クッキーは1日の摂取量を守ろう

クッキーといえば15時のおやつとして手軽に食べられますよね。

ダイエット食品のひとつである豆乳クッキーダイエットは文字通り1日3食の内の1食を豆乳クッキーに置き換えるというものです。
市販されているクッキーは砂糖やバターを使用して作っている為カロリーも高く、ダイエットには不向きに思われがちです。

 

豆乳クッキーの主成分は中性脂肪やコレステロールの吸収を防ぐ働きを持つ大豆です。
同時に代謝を高め腸内環境も整えてくれます。

 

また、肥満防止につながるイソフラボンが配合されている事も市販のクッキーと違う所です。
豆乳クッキーの食べ方としてはコップ1杯以上の水分、特に紅茶やコーヒーなどと一緒に摂ることです。

 

通販サイトなどでは色んな味の豆乳クッキーが販売され購入する事が出来ますからおやつ感覚で手軽に食べられます。
とはいえ、1日の摂取量を超えてはいけません。

 

なぜなら女性ホルモンの一種であるエストロゲンと豆乳クッキーに含まれるイソフラボンは働きが似ているのです。
その為過剰摂取することによりホルモンバランスが崩れてしまう恐れがあるので十分注意しましょう。

 

美味しさのあまり次々口に運びたくなりますが豆乳クッキーと市販のクッキーと混同しないようにして下さい。
せっかくの置き換えダイエットで体調を崩したりする事のないように1食分の摂取量をきちんと守る事が大切です。
美味しく食べて楽しくダイエットに取り組めるようにしましょう。

 


トップページ 脂肪分解力ダイエット バストアップ 産後ダイエット 5キロ痩せる