加圧トレーニングで体脂肪を減らす方法

加圧トレーニングで体脂肪を減らす方法

加圧トレーニングは体脂肪燃焼に効果がある方法として知られています。

加圧トレーニングというのは、身体を一次的に酸素不足な状態にし、その上で運動することにより効果的な筋肉の強化をはかる、という方法です。

 

つまり、ハードな運動をしているときと同じ状態を再現するということです。
身体が酸素不足であると、乳酸が蓄積し、速筋を鍛えることができます。

 

普通のトレーニングでこれを行う際には、身体に過度な負担をかけることになりますが、この方法では身体にかける負担は最小限におさえられます。
トレーニングの際には、腕や脚に加圧ベルトをつけて、有酸素運動を行います。

 

なぜ筋肉を鍛えるかというと、筋肉量が増加すると基礎代謝が増え、自然と「体脂肪が燃焼しやすい身体」になるからです。

 

また、このトレーニング自体によるエネルギー消費も大きな効果があります。
さらに、成長ホルモンの分泌による体脂肪燃焼の効果も期待できます。

 

乳酸というのは通常疲労した際に分泌される物質なので、その疲労を回復させようと身体が作用します。
その際、成長ホルモンが分泌されます。

 

成長ホルモンは体脂肪をグリセロールと脂肪酸に分解します。
そして分解された物質を血中に放出しエネルギーに変換するのです。

 

このように「痩せやすい身体」をつくってくれるのが加圧トレーニングです。
他にも血行促進や免疫力向上、エンチエイジングなどの効果もあります。

 

血行が促進されることにより、冷え症や生理痛の改善もできますし、さらに効果的な体脂肪の燃焼が期待できます。

 

加圧トレーニングは、専門の道具を揃えると、自宅でも取り組むことができます。
その際は一度有資格者から指導を受け、正しい方向で行うことを心がけましょう。

 

以前まではあまりトレーニングが受けられる場所がなかったのですが、施設や指導者が増加したことにより、より気軽にトレーニングを受けられる環境になっています。

 

PS
体脂肪が付きすぎて普通のダイエットでは上手く落ちない。
エステに行く暇もお金もない、そんな頑固な体脂肪の持ち主の方へ
超強力!脂肪分解力ダイエット

 


トップページ 脂肪分解力ダイエット バストアップ 産後ダイエット 5キロ痩せる