体脂肪を減らす入浴方法

体脂肪を減らす入浴方法

お風呂は、血行を促進し、代謝を高めてくれるため、体脂肪燃焼にはとても重要な存在です。

入浴方法にちょっとした工夫を取り入れることで、さらに効果的な脂肪燃焼が可能になります。

 

効果的な方法としては、手湯や足湯、半身浴、反復浴などがあります。
半身浴は有名ですよね。

 

半身浴は全身をお風呂につけるよりも、体への負担が少なくすみます。
また、血行を促進してくれるため、冷え症やむくみの改善にも効果があります。

 

じっくり30〜40分つかることで、エネルギー燃焼の効果も期待できます。
手湯や足湯も、効果的な方法の1つです。

 

お湯を張った洗面器などに足ならくるぶしまで、手なら手首までをいれ、約10分間待ちます。
血行が悪くなりがちな四肢を温めてくれる効果があります。

 

反復浴は、脂肪燃焼を促進するのにとても有効な方法です。
その名の通り、湯船から出たり入ったりを繰り返すという方法です。

 

きちんとした手順で行うことでより効果が得られます。
反復浴を行う際は、お湯は38〜40度のぬるま湯にしてください。

 

まず、お湯に5分ほどつかり、体を温めます。
5分たったら湯船からでて3分ほど時間をおきます。

 

3分たったらまた湯船に5分ほどつかります。
この動作を2、3回繰り返していきます。

 

こうすることで、全身の血液循環が改善されます。
お風呂からはゆっくり出るよう心がけてください。

 

いそいで出てしまうと、貧血がおきてしまう危険があります。
今回ご紹介した入浴方法を実践する際は、是非マッサージも取り入れてみてください。

 

入浴中に体全体をマッサージしたり、ツボを押したりすることで、さらに血行の改善がみこめます。

 

PS
体脂肪が付きすぎて普通のダイエットでは上手く落ちない。
エステに行く暇もお金もない、そんな頑固な体脂肪の持ち主の方へ
超強力!脂肪分解力ダイエット

 


トップページ 脂肪分解力ダイエット バストアップ 産後ダイエット 5キロ痩せる