ごろ寝ダイエットはなぜ効果があるのか

ごろ寝ダイエットはなぜ効果があるのか

数あるダイエットの中でも、ごろ寝ダイエットは緩めの方法になります。
簡単な運動をするだけで効果を得られるのはなぜなのでしょうか。

 

筋肉の量を増やしていくことで消費する為の熱量も増えますからダイエットにつながります。
ですが、毎日緩めの運動をほんの数分こなしていくだけで筋肉量は増えるものなのでしょうか。

 

ごろ寝ダイエットを実行することで、体に変化をもたらしてくれるのは確かなのです。
ということは、筋肉以外の部分にも何かしらの効果があるという事が考えられます。

 

ごろ寝ダイエットを行うと、内蔵近くのインナーマッスルに直接働きかけます。
ですから、目に見える筋肉部分が鍛えられているということではないのです。

 

誰の目にもわかりやすい形で筋肉量が増えるわけではありません。
普通の運動で鍛えられないインナーマッスルを鍛えていくと内蔵の温度が上がってその働きも活発となります。

 

筋肉量増加だけでなく、内蔵を活発化させることで基礎代謝を上げ、熱量の消費も増えていくというわけです。
寝た姿勢でストレッチを行っていくので、凝り固まった筋肉がほぐされ血行が良くなり体温も上昇します。

 

この運動による効果は、運動での熱量消費だけではありません。
体の滞っている部分を改善させることで代謝が活発となり基礎代謝を上げていってその効果を発揮しています。

 

運動していくという事そのものも、人間にとってとても重要ですがごろ寝ダイエットは即効性ではありません。
長く継続していくことで、少しずつ太りにくい体へと作り上げていくというのが強いのです。

 


トップページ 脂肪分解力ダイエット バストアップ 産後ダイエット 5キロ痩せる