クッションを使う

クッションを使う

ごろ寝ダイエットは、文字通りごろ寝でストレッチができる手軽さで注目されています。
しかし、寝た姿勢で足を持ち上げるのでどうしても腰に負荷がかかってしまいます。

 

特に慢性的な腰痛を持っているという人にとっては、やりづらい方法となり得ます。
ごろ寝ダイエットは負荷に対する調整ができるので、痛みを感じたらそこで止めれば大丈夫です。

 

毎日の継続で、痛みが緩んでいきますから少しずつ可動域を広げれば効果も腰痛改善も見られるのです。
ですが、腰痛持ちの人にとって痛みを我慢するというのはとても辛いものです。

 

そんな我慢をしてまでストレッチしても、負荷だけがかかりかえって悪化させてしまうことになります。
これではせっかく始めたごろ寝ダイエットもその効果を発揮することは出来なくなります。

 

ですが、無理のない程度で負荷をかけたいという場合は、クッションなど緩衝材を使うのもひとつの方法です。
足を持ち上げると、腰の周辺に力が入ってしまうので筋肉が伸ばされ腰痛が悪化する恐れがあります。

 

しかし、クッションを腰の下に入れてかませておけば腰痛が緩和され足の上げ下ろしも楽になるのです。
もしクッションなどがないときは、バスタオルを巻いてそれをゴムで止めたものでも代用することが出来ます。

 

タオルであれば、腰の湾曲で調整をしていくことも可能ですから、痛みを感じない高さへ調節してみてください。
ごろ寝ダイエットのメリットは楽に出来る事ですから、痛みともうまく付き合っていきましょう。

 


トップページ 脂肪分解力ダイエット バストアップ 産後ダイエット 5キロ痩せる